公益財団法人 双葉電子記念財団

活動報告

おもしろ実験まつりの支援

当財団では、茂原市をはじめとする長生郡市の教育関係者・茂原少年少女発明クラブを中心に、地元有志が自然科学実験イベント実行委員会を組織して毎年実施している、「おもしろ実験まつり」を積極的に支援しています。

近年、子供の理科離れが進む中、普段の小中学校の理科授業では体験できないような、準備と手間のかかる大規模実験や科学的体験を、保護者と一緒に体験し、科学の楽しさ・創造する喜びを感じてもらおうという試みです。

おもしろ実験まつりに参加した児童・生徒が科学的に物事を考えたり創造することの喜びを感じ、理科・算数好き、数学・科学好きがひとりでも多く誕生することを願っています。

活動風景

 

ホバークラフトの製作風景

ホバークラフトの製作風景

完成したホバークラフトでの競技風景

完成したホバークラフトでの競技風景

表彰式

平成12年 第2回米村でんじろうサイエンスショー開催

2000年11月23日、茂原市立南中学校において、第2回目のサイエンスショーが開催されました。昨年度に引き続いて実施、今回は「飛行と電気の不思議実験」というテーマで市内の小中学校の児童生徒を中心に約450名が参加し、盛大に且つ楽しい実験を行いました。当財団も積極的な支援を実施しました。

ショーを行う米村でんじろう先生

 

平成13年 第3回おもしろ実験まつり

2001年11月18日茂原市立南中学校において、第3回目のおもしろ実験まつりが開催されました。
郡市の児童・生徒を中心に約500名が参加し、盛大に且つ楽しい実験を行いました。当記念財団も積極的な支援を行いました。

Back to Top