公益財団法人 双葉電子記念財団

活動報告

茂原少年少女発明クラブ

児童生徒の創造性涵養を目的に、当財団の所在する茂原市の児童を中心に構成される「茂原少年少女発明クラブ」の活動を支援しております。

一般社団法人千葉県発明協会が青少年創造性開発育成活動の一環として推進している「少年少女発明クラブ」の活動費の一部を助成しています。発明クラブは県内8ケ所(千葉市、匝瑳市、松戸市、旭市、佐倉市、茂原市、市原市、船橋市)に設置されており、活発な活動を行っております。茂原市の発明クラブは毎年、発明協会本部が主催する全日本学生・児童発明工夫展や千葉県児童・生徒教職員科学作品展等において特別賞等を受賞する等優秀な成績をおさめています。

平成15年 ものづくり体験教室全国大会で優勝・準優勝の快挙

茂原少年少女発明クラブの小学生が文部科学省主催「ものづくり体験教室全国大会」の「プロペラカーの部」全国1180点でみごと本山君が優勝、「クランク駆動メカの部」全国380点でみごと柏崎君が準優勝に輝きました。
優勝した本山君は昨年優勝の弟さんで、準優勝した柏崎君は2年連続の受賞となりました。
また、「ペット樹脂メカ」では、全国2740点の応募の中で茂木美花さんが努力賞を獲得し、予選通過3君が全員入賞の成果を挙げました。

11月16日両クラブ員は指導された先生方と一緒に、細矢理事長に報告に訪れました。
理事長に改善した点や苦労話などを説明した後、電動ラジコンキットのプレゼントを頂き、来年はもっと改良して挑戦しますと力強くお話をされました。

細矢理事長に報告

左:茂木美花さん 中央:本山翔哉君 右:柏崎翔太君

Back to Top