公益財団法人 双葉電子記念財団

豊かな心が生み出す 輝く未来を応援します

お知らせ

これまでのお知らせ一覧はこちら >>

 

現在の募集事業 [update:2017.01.06]

成果発表
各種提出書類
年報電子書籍

設立趣旨

当財団は、双葉電子工業株式会社を設立した、我が国電子産業の先駆者である初代会長 故 衛藤五郎と前会長 故 細矢礼二が、地域における学術と産業の振興を願って1986(昭和61)年6月に、千葉県教育委員会の認可を受け設立しました。

その趣旨は、地域の発展・振興を図るとともに、千葉県のみならず我が国産業の発展に寄与すると共に、これからの日本を担う青少年に科学する心を持って頂く切っ掛けを支援するというものです。

設立以後、自然科学分野の研究者等に対する学術・研究資金助成、奨学金の給付並びに創造性を育成実践する学校・団体等への支援活動などを続けております。

また、当財団は社会の急激な変化に十分対応した柔軟な事業活動を行うために、全国規模の公益財団法人への移行作業を進めて参りました。

その結果2012年8月1日、主務官庁がこれまでの千葉県教育委員会から内閣府行政局となり、全国の公益財団法人に生まれ変わりました。
しかし、その設立趣旨は全く変わりません。

さらに、日本国の自然科学・技術の発展または産業振興において、研究、教育、技術等の面で顕著な功績のあった人または団体を表彰する「顕彰事業」を公益目的事業に追加し、2015年10月20日に内閣府より変更認定を受け、事業内容を拡大いたしました。

今後も自然科学の研究を志す若者、研究者に対する助成活動を通じて、広く社会に貢献することを願うものであります。

公益財団法人双葉電子記念財団
代表理事(理事長)大川 澄雄

 
財団のイメージ りんどう・すずらん・菜の花
Back to Top